演劇集団SINK

2009年、プロデュース団体として篠原功を中心に多方面で活躍する役者4人で旗揚げする。
年1回のペースで、篠原自らが脚本・演出を担当し、4年に渡りオリジナル作品を上演した。
その後、メンバーの脱退を機に一時休団という形をとっていたが、2015年より篠原と新たなメンバーで劇団としての活動を始める。
真摯に貪欲に芝居と向き合う事をモットーに、劇団としても年1〜2回のペースでオリジナル作品の上演を続けている。

現代に起きている様々な問題や事件から着想を得て、時代を斬るような作風と、劇場で演劇を観ていながら、映画を観ているような感覚をもたらす事の出来るリアリティー
のある描写を追求し続けている。

演劇集団SINK代表 篠原功

舞台・映像・ナレーション等で幅広い活動を続けながら、後進の育成にも力を入れ、専門学校・養成所などで講師活動も行なっている。

press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
1/1